Hyper Light Drifterをプレイした感想

どうも、タカイチビイチです。最近、ドット系のゲームをやりまくってるのですが、Hyper Light Drifterっていうのを一通りクリアしたので感想をご紹介します。

ゲーム概要

タイトルHyper Light Drifter
ジャンルアクション, アドベンチャー
プラットフォームSteam PS4
プレイ人数1~2人(ローカル協力プレイ可)
参考価格¥ 1,980(Steam版)
リリース日2016年3月31日

難易度高めな見下ろし型のアクションゲーム。ゲーム性は、初期のゼルダに似てるかな。ドットはそこまで微細ではないけど、色使いのセンスが素晴らしくて味があります。

ストーリーは、主人公の「Drifter」が諸事情により病気にかかって、それを治すため不思議な犬に導かれながら冒険するっていう。この諸事情ってのがよく分かんないんですが、いろいろ複雑な背景がありそう。

このゲーム、ストーリーが明確に語られないんですよね。演出は示唆に富んでいるし、登場人物たちの会話は、紙芝居みたいな絵で表現されて一切話さない。

言語関係なくプレイしてもらうためのアイデアな気もするけど、多くは語らない雰囲気ゲーの要素が強いです。

良い点

映像と音楽が素晴らしい

退廃的な世界と浮遊感がある音楽がジャストフィット。ドットは粗めですが、淡い色の表現とか色使いが素晴らしくて、ノスタルジックなんだけどカッコイイ。

そういえば、オープニングアニメで巨神兵みたいなのが出てくるんだけど、ナウシカに影響受けてんのかな。

相方のジャンパイさんはこういうの嫌いなんだろうけど…。2人プレイもできるんでゲーム実況したいんだけどね。

難易度高めで達成感がある

このゲーム、難易度高いです。主人公のライフも少ないし、死にゲーと言っても過言ではありません。

操作に慣れないころはもちろん死にまくりますが、慣れたとしても多数の雑魚とのバトルなど、少し理不尽さを覚える場面もありました。

何度かコントローラーを投げそうになりましたが、なんとか踏みとどまりました。踏みとどまれた理由は、適度なチェックポイントでオートセーブされて、リトライがスムーズにできたからかな。

練習すれば上達が実感できるので、繰り返しやりたくなる衝動にかられました。試行錯誤してクリアしたときの達成感はひとしお。ぬるいゲームでは味わえない感覚です。

イマイチな点

操作性がちょっと…

このゲーム、主人公が攻撃した後・ダッシュした後などに硬直時間があります。なので、その間に攻撃されて死ぬというパターンが多々あります。また、回復する動作も長くて、間に合わず死ぬパターンも…。

慣れれば、それも考慮して操作するようになるのですが、肌に合わず操作性が悪いと感じてイライラするかもしれません。

謎解き要素少なめ

このゲームは謎解き要素少なめ。多少フィールドを行ったり来たりして、キーをアンロックしていくのですが、そこまで複雑ではなくてゲーム進行はスムーズです。隠し通路が多いので、それを見落とすことはあるのですが…。

謎解き好きにはちょっと物足りなく感じるかもしれません。どちらかというと敵とのバトルに比重がいっている気がします。難易度も高いので、アクションゲームが好きな人向けです。

終わりに

それにしても、Hyper Light Drifterっていうタイトルが好き。ハイパーメディアクリエイターみたいだ。

日本語に訳すと「すごい輝いている漂流者」とか?Lightをどう訳すかで意味が違ってきそう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。