Contact Form 7で題名やメールアドレス欄がエラーになった場合の対処法

wordpressの問い合わせフォームプラグイン「Contact Form 7」は、当ブログでも使っています。

先日、バージョンアップしたらエラーが出るようになったので、その対処法をご紹介します。

エラー概要

僕の場合は、メールタブの「送信元」「題名」で2つエラーが発生していました。

なお、このエラーが発生していても、正常に動作する場合もあります。

僕の場合も特に問題なかったのですが、気持ち悪いので修正しようと思います。

送信元

エラー内容

エラー内容:サイトのドメインに属していないメールアドレスが送信元に設定されています。

メールアドレスのドメインが、webサイトのドメインと異なっている場合にエラーになるようです。

これは訪問者が自分のメールアドレスを入力するので、そうなるのは当然と言えば当然なんですが、スパム判定される可能性を考慮しているみたい。

対処法

以下の2点を修正します。

なお、ドメイン名は例示ですので、各サイトのものを入力してください。

送信元を修正
[your-name] <[your-email]>

[your-name] <wordpress@takaichifactory.com>

追加ヘッダーに追記

Reply-To: [your-email]

これでエラーはなくなります。

なお、自ドメインのメールアドレスは実際に存在しなくても問題ありません。

さらに、フォームから送信されたメールに返信すると、きちんと訪問者のメールアドレスに返信するようになるはずです。

念のため、一度テストしてみてください。

題名

エラー内容

エラー内容:項目が空になる可能性があります。

題名を必須項目にしていない場合、空になることを警告しているみたいですね。

対処法1

まずは、必須項目にしてしまう方法です。

問い合わせには題名をつけるのが普通だと思うので、これでも訪問者にとって違和感はないと思います。

項目を必須にするにはフォームタブに移動して、該当項目に「*」を付け加えます。

フォームタブから題名を必須項目に変更
[text your-subject]


[text* your-subject]

対処法2

必須項目にしない場合は、題名に任意の文字を入れることで、空ではなくなります。

題名に任意文字を追加
[your-subject]


タカイチブログ:[your-subject]

フォームの検証

ちなみに、Contact Form 7には、「Contact Form 7 の設定を検証する」という機能があります。

未検証のフォームがあると、wordpressの左メニューに数字が表示されます。

エラーを修正したら検証しましょう。

「Contact Form 7の設定を検証する」をクリック

「コンタクトフォームを検証する」をクリック。

これでOK。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。