僕が同窓会に行きたくない理由

年末に同窓会があったようで、僕のところにも誘いがありました。

何回か行ったことはあるのですが、僕の結論は「積極的には行きたくない」です。

なんで行きたくないのか理由を整理してみたいと思います。

話すことがない

僕は、小学校・中学校・高校の同級生で、定期的に親交がある人は1人もいません。

そうなってくると、完全にアウェーの地に乗り込むことになります。

そんな人たちと、例えば10年ぶりに合ったとして、何を話せばよいのでしょう。

想像するに、以下のような話題じゃないでしょうか。

  • 住んでる場所
  • 仕事のこと
  • 結婚・家族のこと
  • 見た目のこと(太った・老けたなど加齢による変化)

この手の話題は、自分のステータスを語るということなので、どうしても自慢話、もしくは自虐ネタになってしまいます。

僕としては、「Terraria:Otherworldは、なぜ開発中止になったのか?」とか、もっとコアな話をしたいのですが、まぁ無理でしょう。

会合のテーマが曖昧なのに加えて、共通の話題が少ないから、話すことがないのです。

仕事のことを聞かれる

自分のステータスを語る話題には、人それぞれ聞かれたくないことがあると思います。

今現在の僕は、仕事のことを聞かれると答えに困ります。

だって、フリーランス(兼フリーター)なんですもん。

でも、仕事のことは同窓会では、ほぼ100%聞かれるでしょう

僕がシステムエンジニアをやっていたときでさえ、業界外の人に説明すると「で、結局なんなの?」って最後に言われるくらいですからね。

大手企業以外では、自分の仕事を理解してもらうのは難しいです。

っていうか、本当はみんな興味ないのかな。

昔みたいにイジられる

僕は、中学・高校くらいでは、いじられキャラでした。

なぜ僕がイジられていたかは、思い当たることがあるので、それはいつか言及したいと思います。

ただ、大人になった今でも、同窓会の場で僕をイジってくるやつがいます。

同級生A

おまえ、乾杯の挨拶しろよ!

同級生A

おまえ、○○屋(昔よく行ってた駄菓子屋)でお菓子かってこいよ!

同級生A

おまえ、ちょっと踊れよ!あはは!あははぁぁ!

まるでタイムスリップしたかのように、昔の関係性が継続しているのです。

普通に無礼なので、容易に反論することもできますが、なんかもう単純にそんな奴と会いたくないでしょう。

まぁフォローするんであれば、そいつも悪気はないと思うんですよね。

同窓会ってそういうモードになっちゃう会合なんだと思います。話すこともないしね。

当時、ヒエラルキーの上位にいたやつは気分が良いのかもしれませんが、下位の僕としてはちょっと…。

これで僕が出世していれば逆転劇が始まるのですが、全くダメなのが悲しいところではあります。

地元で開催される

大学の同窓会以外は、地元で行われることがほとんどです。

僕が参加した同窓会では、8割方、地元の人しかいませんでした。

こうなってくると、さらに話が合いません。

また、参加するためには帰省することになるのですが、日程が合わない場合も多々あります。

そう考えると、幹事の人はかなり大変でしょうね。

遠方に住んでいる人は誘うのが面倒くさいので、呼ばれなくなる可能性もあるでしょう。

僕も、一部の同窓会にはもう呼ばれてないなんだと思います。

普通にそれでいいと思いますよ。

メリットを感じない

同窓会に行きたい人ってどんな人なんでしょう。

例えば、他人がどう変化したか気になる人とか?

大人になって綺麗になった女性とか、かっこよくなった男性を見たい。

出会いの場としても機能するかもしれません。

それは否定しませんが、僕の場合、それ以外のデメリットが強すぎて、割に合わないんですよねぇ。

上京している人だけとか、近辺に住んでいる人だけを集める同窓会なら、まだ行くかもしれません。

やっぱり住んでる場所が近いってのは、それだけで親近感がありますからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。