なぜ「フィーチャーする」を「フューチャーする」と言い間違えてしまうのか?

どうも、タカイチビイチです。

またテレビで「フューチャーする」と言い間違えている人を見ました。

1回や2回の話ではありません。頻度としては、半年に1回くらいでしょうか。こういうシーンは継続的に目にします。

廉価版を「けんかばん」と間違うレベルの根が深い問題だと思います。

フィーチャーとフューチャーの意味

まず、フィーチャーとフューチャーの意味を確認しましょう。

フィーチャー(feature)
顔の造作、容貌(ようぼう)、顔だち、目鼻だち、(著しい)特徴、特色、主要点、(映画・ショーなどの番組中の)呼び物、聞き物、見もの
フューチャー(future)
未来、将来、行く末

フィーチャーは、フィーチャリング(featuring)という使い方のほうがお馴染みかもしれません。

一方で、フューチャー(future)は、30代以上だったら「映画:バック トゥ ザ フューチャー」でお馴染みだと思います。

未来という意味なので、こらから先の希望や期待を感じさせるためか、会社名とかキャッチフレーズ、楽曲のタイトルにもよく使われています。

間違いの例

僕がテレビで見たシーンはこんな感じ。

某司会者

今回は、この方をフューチャーしようと思います!

某芸人

いや、俺のことそんなにフューチャーすんなや!

この手の間違いが非常に多いです。頭良さそうにしている司会者も芸人もダブルで間違えてた。

ここでは「注目する・特集する」という意味で使っていると思うので、「フィーチャー」が正しいです。

英語ネイティブの方々からすると、「どっちにしろ本来の発音とは違うし、どうでもいい」と思われるかもしれません。

しかし、ここでは区別できてないということが問題なので、発音があっているかどうかは、ひとまず横に置いときましょう。

なぜ間違う?

ここからは僕の推測になりますが、この現象は「映画:バック トゥ ザ フューチャー」の呪いだと思っています。

この映画は、すごい影響力があったと思います。

僕は小学生のころに見たと思いますが、主人公のマーティが「ジョニー・B・グッド」を即興で演奏するシーンには目が釘付けになりました。

あれを見てギターをはじめた人は多いはずです。

そういった強烈な印象が脳裏に焼き付いて、フューチャーのほうが馴染み深くなっているんじゃないでしょうか。

それ以外でも、フューチャーは世の中にあふれています。

コーポレートスローガンにもよく使われてます。

  • KDDI「Designing The Future」
  • オリンパス「Your Vision, Our Future」
  • 日産自動車「SHIFT_the future」

フューチャー(未来)ってポジディブなイメージの言葉だもんね。

ポジディブ病の人たちが使いたがるわけだ。

終わりに

それにしても、カタカナ英語を使いたがるってのは、日本人の特徴なのかもしれません。

自分だったらどうするだろ。

頭をよく見せたたいとか、カッコよく言いたいなどを優先させると、「フィーチャーする」を使ってしまうかもしれません。

まぁ、カタカナ英語のほうが、意味を伝えるうえで最適なこともあるので、「ケースバイケース」かもしれませんが…。

わざわざ英語で言われるとムカつく!嫌いなカタカナ英語まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。