Trineをプレイした感想

ドットゲームしかしてない僕たちですが、めずらしくTrineという3Dのゲームをやってみました。

3Dといっても横スクロールなので、画面酔いはしにくいですね。

ほぼ1日ぶっとおしでプレイしましたが、気分が悪くなることがありませんでした。

ゲーム概要

タイトル Trine Enchanted Edition
ジャンル 横スクロール型パズルアクション
プラットフォーム steam
プレイ人数 1~3人
リリース日 2009年7月2日

ゲームの舞台はとある王国。昔は繁栄していたみたいだけど、今は死者が蘇って悲惨な状況になっているらしい。

というような語りで物語は始まるのですが、正直ストーリーはよくわかりませんw

日本語化で字幕をつけることはできますが、音声は基本的に英語です。頭に入ってこないんですよね。

操作できるキャラクターは3人で、それぞれに特徴があります。

  • 戦士:剣による攻撃、盾で防御
  • 魔法使い:直接攻撃はできないが魔法でモノを動かせる
  • 盗賊:弓で攻撃、フックロープで機動力が高い

このゲームはいちおう敵はでてきますが、謎解きがメインです。

ステージ中にあるギミックを動かして進んでいくイメージ。

1プレイヤーでこの3キャラクターを切り替えながら進めていきます。

謎解きは正解が1つだけではなく、複数のアプローチがあります。

それを長所と思う人もいるかもしれませんが、「これで本当に正解だったのか?」とちょっと疑念が残ることも…。

各キャラクターはスキル習得とアイテムを装備することができます。

敵を倒したり、フィールド上に散らばっている経験値(緑のポーションみたいなの)を取得することでレベルアップ。

レベルアップ時にスキルポイントが加算されて、任意のスキルを習得できます。

基本的にシンプルなゲーム性なのですが、ちょっとした成長要素があるといった感じ。

良い点

グラフィックが綺麗

このゲームは城とか森のステージが多いんですが、まるでおとぎの国に迷い込んだような世界観。

グラフィックが綺麗なので、ステージを進めているだけでも楽しめます。

操作がシンプル

操作はシンプルで簡単なのですぐ慣れます。 

ゲーム下手の僕でも戸惑うことはありませんでした。

特に盗賊のフックロープは爽快感満点です。

盗賊を基本キャラにした別のゲームを作っても面白いんじゃないかな。

Steamセールで激安になる

Trineは2009年にリリースされたということもあってか、Steamのセールでめちゃくちゃ安くなります。

続編も出ているのでまとめて買うのもアリですね。

通常価格 セール価格
Trine 1,480円 222円
Trine2 1,980円 297円
Trine3 2,199円 549円
Trine,Trine2,Trine3バンドル 5,659円 801円

2019年6月に調査した価格です。

セール価格は2019年サマーセールの価格です。

イマイチな点

マルチプレイだとゴリ押しできる

先ほど、謎解きの正解が1つではないと言いましたが、かなりゴリ押しできる場面があります。マルチプレイの場合は特に。

マルチプレイだとワイワイしながらやれるので楽しいのですが、純粋に謎解きを楽しみたいならシングルでやったほうがよいかも。

謎解きが単調

とりあえずクリアしてみての感想ですが、謎解きがちょっと単調に感じます。

同じことを繰り返しやっている感が否めません。

ゲームのクリア時間は初見だと5~6時間なので、ちょうどよいとは思います。

しかし、単調なので終盤には「はやく終われ」と思ってしまいました。

終わりに

ちょっと酷評もしましたが、Steamの評価は高いし良ゲーだと思います。

難易度がそんなに高くない謎解きアクションゲームを楽しみたい方におすすめ。

セールの激安価格で買ったのであれば、完全に元はとれるかなという感じ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。