Steamゲームの最安値を過去セール情報から調べる方法

「この前Steamで買ったゲームがセールでクソ安く売られていた…」

僕もつい最近こういう経験がありました。

僕が買ったときより1,000円くらい割引されていたので、相当悔しかったです。

あと2週間待っていればセール価格で変えました。

こういうことがないように、過去のセール情報から最安値を調べる方法をご紹介します。

今買うべきかどうかを判断するのに大変有効です。

Augmented Steamを導入

Steamで最安値を調べるためには、Augmented Steamが便利です。

Augmented Steamはブラウザの拡張機能(無料)です。Google Chrome版とFirefox版があります。

Augmented Steamを導入すると、最安値を含めた詳細情報をSteamで表示することができます。

以下にGoogle Chromeでの導入手順をご紹介します。手順は簡単なので1分で終わります。

STEP.1
公式サイトにアクセス

公式サイトにアクセスして「Chrome Download Now」をクリックします。

STEP.2
Chromeに追加

Chromeウェブストアに遷移するので、「Chromeに追加」をクリックします。

ポップアップが表示されるので、「拡張機能を追加」をクリックします。

STEP.3
完了

これでAugmented Steamが導入できました。

なお、拡張機能は不要になったら削除することもできます。

Steamゲームの最安値の調べ方

Augmented Steamを導入すると、Steamの各ページに以下の項目が追加されます。

僕が最近買ったTrineというゲームの例で見てみましょう。

  • 現在の最安値
  • 史上最安値
  • このゲームがバンドル入りした回数

現在の最安値を調べる

現在の最安値には、Steamも含めた販売サイトの価格を比較して最安値を表示しています。

このゲームは、Steamの242円が最安値となります。(このときはSteamでサマーセール中ということもあって、かなり割引されてました。)

ここで「情報」をクリックすると、別サイト(isthereanydealという海外サイト)に遷移してより詳細な情報が見れます。

isthereanydealでは、Pricesの項目に注目です。

今回のゲームだと、SteamとMacGameStoreを比較しています。

正直言って、Steam以外は使ったことがないのでよくわかりませんw

過去のセール情報から史上最安値を調べる

史上最安値には、過去のセール情報も含めて最も安かった価格を表示しています。

このゲームでは、Steamの107円(2013年11月28日)が最安値となります。

この価格を狙うのが現実的かどうか調べるために、「情報」をクリックしてみましょう。

同じくisthereanydealのページに遷移します。

Pricesのグラフを見ると、過去の価格推移($表記)のグラフが見れます。

デフォルトでは過去1年の範囲が表示されていますが、もっと長く変更することもできます。

まず、このゲームは1年を通して頻繁にセールをしていることが分かります。

こういうゲームは、ちょっと待てるのであればセールを狙ったほうがお得です。

過去1年のセール価格はどれも$2.24なので、先ほどの107円という価格は一時的だったことが分かります。

このグラフを見ながら価格の推移を確認して、今買うべきかどうかを判断するのが基本的な流れになります。

SteamDBについて

Steamが提供しているSteamDBというサービスでも、価格の推移を確認することができます。

終わりに

今回紹介したisthereanydealは海外サイトなので、基本的に英語です。

内容は直感的にわかるので問題ないとは思いますが、日本語にしたい場合はGoogle Chromeの翻訳機能を使うのが便利です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。