Steamゲームの最安値を過去セール情報から調べる方法

「この前Steamで買ったゲームがセールでクソ安く売られていた…」

僕もつい最近こういう経験がありました。

僕が買ったときより1,000円くらい割引されていたので、相当悔しかったです。

あと2週間待っていればセール価格で変えました。

こういうことがないように、過去のセール情報から最安値を調べる方法をご紹介します。

今買うべきかどうかを判断するのに大変有効です。

Augmented Steamを導入

Steamで最安値を調べるためには、Augmented Steamが便利です。

Augmented Steamはブラウザの拡張機能(無料)です。Google Chrome版とFirefox版があります。

Augmented Steamを導入すると、最安値を含めた詳細情報をSteamで表示することができます。

以下にGoogle Chromeでの導入手順をご紹介します。手順は簡単なので1分で終わります。

  • STEP.1
    公式サイトにアクセス

    公式サイトにアクセスして「Chrome Download Now」をクリックします。

  • STEP.2
    Chromeに追加

    Chromeウェブストアに遷移するので、「Chromeに追加」をクリックします。

    ポップアップが表示されるので、「拡張機能を追加」をクリックします。

  • STEP.3
    完了

    これでAugmented Steamが導入できました。

    なお、拡張機能は不要になったら削除することもできます。

Steamゲームの最安値の調べ方

Augmented Steamを導入すると、Steamの各ページに以下の項目が追加されます。

僕が最近買ったTrineというゲームの例で見てみましょう。

  • 現在の最安値
  • 史上最安値
  • このゲームがバンドル入りした回数

現在の最安値を調べる

現在の最安値には、Steamも含めた販売サイトの価格を比較して最安値を表示しています。

このゲームは、Steamの242円が最安値となります。(このときはSteamでサマーセール中ということもあって、かなり割引されてました。)

ここで「情報」をクリックすると、別サイト(isthereanydealという海外サイト)に遷移してより詳細な情報が見れます。

isthereanydealでは、Pricesの項目に注目です。

今回のゲームだと、SteamとMacGameStoreを比較しています。

正直言って、Steam以外は使ったことがないのでよくわかりませんw

過去のセール情報から史上最安値を調べる

史上最安値には、過去のセール情報も含めて最も安かった価格を表示しています。

このゲームでは、Steamの107円(2013年11月28日)が最安値となります。

この価格を狙うのが現実的かどうか調べるために、「情報」をクリックしてみましょう。

同じくisthereanydealのページに遷移します。

Pricesのグラフを見ると、過去の価格推移($表記)のグラフが見れます。

デフォルトでは過去1年の範囲が表示されていますが、もっと長く変更することもできます。

まず、このゲームは1年を通して頻繁にセールをしていることが分かります。

こういうゲームは、ちょっと待てるのであればセールを狙ったほうがお得です。

過去1年のセール価格はどれも$2.24なので、先ほどの107円という価格は一時的だったことが分かります。

このグラフを見ながら価格の推移を確認して、今買うべきかどうかを判断するのが基本的な流れになります。

SteamDBについて

Steamが提供しているSteamDBというサービスでも、価格の推移を確認することができます。

終わりに

今回紹介したisthereanydealは海外サイトなので、基本的に英語です。

内容は直感的にわかるので問題ないとは思いますが、日本語にしたい場合はGoogle Chromeの翻訳機能を使うのが便利です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。