Xbox OneコントローラーをWindows PCに接続する方法・設定

Steamで使うために、Bluetooth対応のXbox Oneコントローラーを買いました。

今までエレコムのコントローラーを使っていたのですが、Xbox Oneコントローラーのほうが使いやすいです。

やっぱり無線接続が快適ですね。

ということで今回は、無線接続も含めて、Windows PCへの接続方法・設定をご紹介します。

Xbox Oneコントローラーとは?

Steam用のコントローラーに最適

SteamをはじめとしたPCゲームなら、Xbox Oneコントローラーが一番使いやすいです。

フルコントローラーサポートのゲームであれば、快適にプレイできると思います。

有線と無線で接続可能

Xbox Oneコントローラーは、USBで有線接続もできるし、Bluetoothで無線接続もできます。

ゲームの機材周りってコードだらけになるので、無線のほうがスッキリしますね。

専用バッテリーが便利

無線接続する場合は、コントローラーに単三電池2個を入れるか、専用バッテリーを入れる必要があります。

電池より専用バッテリーのほうが、何かと便利ですね。

専用バッテリーのメリット
  • 電池交換する手間・コストが省ける
  • USBケーブルを接続すれば充電可能
  • 電池より若干重量が軽い

Xbox Oneコントローラー:有線の接続方法

有線接続は特に難しくありません。

Xbox OneコントローラーとPCを付属のUSBケーブルを使って接続するだけです。

OSがWindows10であれば、ドライバーを入れなくても認識して使えるはずです。

念のため、デバイスマネージャーを見ると、「Xbox One コントローラー」と表示されています。

Xbox Oneコントローラー:Bluetoothの接続方法

Xbox Oneコントローラーは、Bluetoothが無線接続することができます。

ただし、Bluetooth機能を使うときには、OSはWindows10が必須です。

Bluetoothアダプターを準備する

Bluetoothを搭載しているPCならそのまま使えますが、非搭載なら別途Bluetoothアダプターを準備する必要があります。

僕のデスクトップPCにはBluetoothが非搭載だったので、エレコムのアダプターを買いました。

Xbox ワイヤレスアダプター
Bluetoothアダプター以外には、専用のXbox ワイヤレスアダプターという商品があります。

Bluetoothアダプターは正常に認識しないとか、ペアリングできないというトラブルをたまに聞きます。

心配な方は、Xbox ワイヤレスアダプターが確実です。

コントローラーをペアリングする

STEP.1
コントローラーに電池・バッテリーを入れる

コントローラーに電池、もしくは専用バッテリーを入れます。

電池を入れる場合は、プラス・マイナスの方向に注意です。

STEP.2
コントローラーの電源を入れる

Xboxボタンを長押しして、コントローラーの電源を入れます。

STEP.3
コントローラーのペアリングボタンを押す

コントローラー上部にあるペアリングボタンを押します。

そうするとXboxボタンの点滅が速くなります。

STEP.4
PCでコントローラーを認識する

「スタートメニュー」->「設定」->「Bluetoothとその他のデバイス」に移動します。

Bluetoothがオンになっていることを確認して、「Bluetoothまたはその他のデバイスを追加する」をクリックします。

「Bluetooth」をクリックします。

「Xbox Wireless Controller」をクリックします。

「デバイスの準備が整いました!」と表示されたら、完了です。

Xbox Oneコントローラーの外観

ボタン・スティック

ボタンとスティックはこんな感じ。

個人的に好きなのは、この形状。手に馴染んで持ちやすいです。

USB端子・ペアリングボタン

上部には、USB端子とペアリングボタンがあります。

USBは、mini-Bの端子です。

オーディオ端子

下部には、3.5mmステレオ オーディオ端子があります。

ここにヘッドセットなどを接続して、ゲーム音を聞くことができます。

終わりに

Steamブログによると、Steamユーザーが最も使っているコントローラーは「Xbox 360とXbox Oneコントローラー」で、全体の64%のシェアとなっています。

今買うなら、Bluetooth対応Xbox Oneコントローラーがおすすめ。迷ったらコレって感じですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。