はじめてのグラフィックボード!コスパが高いGTX1060を買ってみる

どうも、タカイチビイチです。

今まで古めのMacBookを使ってゲームの録画をしてきましたが、ちょっと性能が物足りなくなってきたので、先日デスクトップPCを購入しました。

PC購入時にはグラフィックボードをつけてなかったのですが、今回後付けで買ってみることにしました。

ちなみに、グラボ購入の目的は、動画編集と3Dゲームをやるためです。最近になって動画編集にAdobe Premiereを使い始めたのですが、このソフトはGPU高速処理に対応しているのでグラボによって編集作業のスピードアップが期待できます。

何を買うか検討してみる

やっぱGeForceかな

グラボにはGPU(グラフィックス プロセッシング ユニット)が搭載されてるんですって。いわゆるグラボの心臓部って感じですな。

これの2大メーカーがGeForceとRADEON。どっちにするか迷うところです。

それぞれ特徴があるので好みだと思いますが、僕が調べた限りではBTOパソコンに多く搭載されているのはGeForceですね。ドライバ更新も頻繁に行われていて最新ゲームへの対応も良さそう。

ってことで、今回はGeForceにしぼって選ぶことにしました。

簡単に比較してみる

GeForceにもいろいろとラインナップがありますので、現在の主流である10XXシリーズを一覧にして簡単に比較したいと思います。

型番コアクロック(MHz)メモリ(MB)CUDAコア数
GTX1080 Ti1480112643584
GTX1080160781922560
GTX1070150681921920
GTX1060(6GB)150661441280
GTX1060(3GB)150630721152
GTX1050 Ti12904096768
GTX105013542048640

って感じに主要パラメーターを表にしてみましたが、結局は用途を考慮しつつお財布と相談ですね…。

結局これにしました

玄人志向のGTX1060(6GB)

GTX1060

ってことでGTX1060(6GB)にしたのですが、メーカーは玄人志向にしてみました。理由は価格が安かったからです。

予算が2万円代と考えていたので、これがギリギリのラインだと思います。上位のGTX1070になると4~5万円を超えてくるので、コスパの面からみてもGTX1060は良い感じです。

ちなみに、メモリは3GB or 6GBで迷いましたが、そこまで価格差がなかったので6GBにしました。

電源ユニットも交換

電源ユニット

今まではPCの電源が500Wでした。グラフィックボードは電力消費が激しいので、これだとちょっと心もとない感じがします。

ってことで思い切って電源ユニットも交換します。玄人志向の700W電源(80plus TITANIUM )です。80plusってのは電気変換効率のグレードです。グレードが上がると変換効率が良くなります。

グレードは「STANDARD<BRONZE<SILVER<GOLD<PLATINUM<TITANIUM」の6段階。最高クラスのTITANIUM認証なのに比較的安かったのでこれにしました。

PCに設置

GTX1060

最近のグラボってデカいんですね。これ、ケースによっては設置できない場合もあるんじゃないかな。要確認です。

僕の場合は運よく設置できました。電源ユニットも交換して準備完了です。

ベンチマークしてみる

ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルドのベンチマークでテストしてみたいと思います。

まずは、オンボードグラフィックの場合↓
ベンチマーク

そして、GTX1060の場合↓
ベンチマーク

かなり差が出ました。目視している限りでもオンボードグラフィックの場合はカクカクして、これでプレイするのはちょっとツラいかなという感じがしました。

一方でGTX1060はヌルヌル動いて大変快適。GTX1060って、いわゆるミドルレンジだと思いますが個人的にはこれで十分です。

終わりに

現状は動画編集くらいにしか効果を発揮できてませんので、今後は3Dオンラインゲームとかもやってみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。